DMM WEBCAMP難波校を徹底に調べました。おすすめポイントはココ

DMM WEBCAMP難波校

今回DMM WEBCAMP難波校(難波御堂筋センタービル校)に行き、スクールの内容や疑問に思う事など徹底的に聞いてきたので、DMM WEBCAMPが気になる。通ってみたいかも?と思っている方は是非参考にして下さい。

DMM WEBCAMP公式サイトはコチラ

DMM WEBCAMP難波校の詳細

DMM WEBCAMP難波校2
DMM WEBCAMP難波校
校舎 1、難波フロントビル校・・・大阪府大阪市中央区難波4-7-14 【難波フロントビル 4階】
2、難波御堂筋センタービル校・・・大阪府大阪市中央区難波4-4-4 【難波御堂筋センタービル 8階】
タイプ通学
学費628,000円(税別)〜
期間3ヶ月

DMM WEBCAMP難波校の特徴

DMM WEBCAMPの特徴ってなんだろう

現在は多くのプログラミングスクールがあります。多すぎてスクールの特徴が解らない、また何処が良いの?と思われている方は多いのではないでしょうか。そこで 当サイトでは、取材をした上でDMM WEBCAMPと他社との違いを分かり易くまとめました。

※取材先はDMM WEBCAMP難波御堂筋センタービル校になります。

就職率が高い

まずDMM WEBCAMPの大きな特徴は就職率が高い点です。転職成功率は98%と他のスクールと比べ高く、就職してからの離職率が1%と低いです。

※「2019年4月実績」

これは多くの受講生が望んだ企業に就職出来たと推測できます。

DMM WEBCAMP難波校のスタッフに聞いたのですが、就職先はシステム開発会社が多く、配属先はフロントエンドやサーバーサイドなど受講生が望んだ希望先に配属されています。

就職先は徹底的に自己分析を行った後、就職活動を行う為、人と企業とのミスマッチが少ないのだとか。

そしてDMM WEBCAMP難波校受講生の就職先は関西企業が多いです。システム開発の会社の多くは東京にあります。エンジニアへ転職される方は東京での就職活動を視野に入れます。なので「本音では関西で就職したいけど東京で就職活動をしなきゃ」といった方が多いんです。しかし受講生の殆どは関西での就職が決定しています。

これはDMM WEBCAMPの大きな特徴だと言えます。

プログラミングを最短で学んで、関西で就職したいといった方はDMM WEBCAMPを選んで間違いないと思います。

講座内容はどう?

主にオンラインテキストベースで学習して行き、解らない所は講師に聞くといったスタイルで学習していきます。

学習カリキュラムの流れ
基礎学習(1ヶ月目)
HTML、CSS、JavaScript、Ruby on Rails、AWS、GitHubといった言語を学んでいきます。
チーム開発(2ヶ月目)
チームでECサイトを制作。上流工程、下流工程を学び実務に即したスキルを身に就けます。
個人開発・専門技術取得(3ヶ月目)
個人でオリジナルサービスを開発します。企画から開発、運用まで自身で考え作成し就職活動で使うポートフォリオを完成させます。その後AI若しくはクラウド機能を実装します。
学習カリキュラムの流れ(就活編)
キャリアプランの設計
自己分析を徹底的に行い、受講生の強みを引き出し、キャリアプランを職員とともに設計していきます。
選考準備
キャリアアドバイザーが履歴書の添削や面接対策を行います。
求人案内
受講生の希望とスキルにマッチする企業を紹介し内定獲得までサポート。

この流れで学習を進めて行きます。正直、この短期間で上記の言語を全て使いこなせるレベルになる事は難しいと思われます。

ただスタッフによると受講生は3ヶ月程度でガンガン言語を使い、実装していると聞いている為、自分の考えた事を表現できるレベルにはなると思います。

またオンラインでも通学でも解らない事があれば13:00~22:00までの間、聞き放題なので独学で学習するよりもスキルを速く身に就けれるでしょう。

独学でプログラミング学習を行うと直ぐ行き詰りますよね。一つ解決したと思ったら、次の難題っといった様にプログラミングを一人で学習すると非常に時間が掛かります。

DMM WEBCAMPでは解らない事があれば、すぐに講師に聞けるのでスキルが早く身に就きます。

受講生の口コミ

受講生に感想を聞いたよ

難波御堂筋センタービル校に行った際、受講生に話を聞く事が出来た為、受講生から聞いた感想を記載します。インタビューした方は女性で前職は保険会社の営業を行っていた方です。自分のスキルを身に就けて、長く働きたいといった想いからエンジニアを目指そうと思ったみたいです。

DMMに決めたきっかけは?

プログラミングスクールは他社もいろいろ調べましたが、他のスクールに比べ就職率や就職サポートがしっかりしている為、DMM WEBCAMPに決めました。また短期間でスキル取得、就職出来るといった点も魅力でした。

受講した感想は?

短期間で学ぶという事なので、やはり大変でした。特に私はチーム開発が大変でした。ただ解らない所は講師がしっかり解るまで教えてくれる為、大変ながらも充実した3ヶ月間でした。

DMM WEBCAMPの雰囲気は?

受講生の割合は男性8割、女性2割です。みんな仲が良く教えあって和気藹々としています。私は難波フロントビル校のに通っていたのですが、とても雰囲気が良く学習しやすかったです。

感想のまとめ

今回取材に答えてくれた女性は現在、就職活動の段階で関西のシステム開発会社を希望しているとの事。希望した就職先に決まると嬉しいですね。

難波御堂筋センタービル校の内観

DMM WEBCAMP学習スペース

主に学習はこのスペースで行われます。広々としている為、ゆったり学習できると思います。

DMM WEBCAMP共同開発スペース

共同開発スペースです。2ヶ月目のECサイトを共同開発する時はこのスペースで行われます。

DMM WEBCAMPキャリアカウンセリングスルーム

キャリアカウンセリングルームです。個室になっており、しっかりした部屋なので相談しにくい事でも安心して相談できる環境になっています。

最後に

DMM WEBCAMPは就職サポートが他校に比べしっかりしており、学習プログラムに共同開発が組み込まれている点が魅力的だなと感じました。

私が取材した上でDMM WEBCAMPが向いているであろう方は

  • スキル修得後、エンジニアとして就職したい方
  • 短期間でスキルを習得したい方
  • チーム開発を経験したい方

この様な方はDMM WEBCAMPが良いかなっと思います。

プログラミングって独学で学ぶ事は本当に難しいです。短期間である程度のスキルが身に就き、就職活動もしっかりサポートしてくれる スクールなので興味のある方は説明会などに参加してみて下さいね。

DMM WEBCAMP公式サイトはコチラ

ページの先頭へ