JavaScriptの基礎を解りやすくまとめてみた

プログラミングの中でもJavaScriptは簡単な方と言われていますが、はじめて学んだ時 「いやちょっと・・・難しくない・・・」といった気持ちになりました。未だに解らない事も沢山有り、私自身も 学んだ事のアウトプットとしてこのコンテンツを充実させながらJavaScriptを学んでいこうと思っています。 私が学びながら皆さんの学習のお役に立てれば幸いです。

JavaScriptの基礎

JavaScriptの書き方

JavaScriptは様々な書き方がありますが、最も簡単な方法として

<script></script>
で命令を囲んであげます。ここから がJavaScriptですよー。スラッシュscriptがここまでがJavaScriptですよーといった意味です。

コメントの書き方

JavaScriptのコメントの書き方です。全くのプログラミング初学者の場合コメントってなに? という事もあるかと思いますので、説明するとコードを書いている時どこに何を書いているのかを 解りやすくする為に使われるメモ(付箋)の様なものです。コンピューターにここはコメントですよ と記述して置けばweb画面上にはそれらの文字が見えないようになります。

          <script>
          // 1行用のコメントはこのように書きます。
          </script>
          <script>
          /*複数行のコメントはここの様に書きます。
          あああああ*/
          </script>
          

一行の場合は行頭に//を記載。複数行の場合は/**/スラッシュ、アスタリスクで囲みアスタリスク、スラッシュで 閉じるイメージです。

文字を表示する

次にJavaScriptを使い文字を記述してみましょう。

          
          <!DOCTYPE html>
          <html lang="ja">
          <head><meta charset="UTF-8">
          <title>javascriptで文字を書こう</title>
          </head>
          
          <body>
          <script>
          document.write("Hello World");
          </script>
          </body>
          </html>
          
          

ここでのjavascript言語はdocument.write("Hello World");ですよね!これはドキュメントといったオブジェクト( 他ブラウザやurl様々な物に命令できる下で記載)に 対しwrite(書け)と命令しています。そして()の中にハローワールドと書いてねと指示している訳です。 javascriptのダブルクォーテーション(”あああ”)”はこれは文字ですよといった意味です。;は命令後に記述します。 javascriptは基本的にオブジェクトに対しコロン命令(”命令内容”);といった感じで記載します。

変数とは

プログラミングはなんちゃら数といった数学っぽい言葉が出てくるのですが、難しく考える必要は ありません。例えば変数ですが変数とは何かを入れておく様な箱とイメージすれば解りやすいと思います。

JavaScriptの変数は、利用する前に宣言書く必要があります。 宣言の方法はvar(バリアブル)の後ろに半角スペースを挟んで変数の名前を書きます。

          
          // 変数dを宣言
          var d;
          // 変数dに値を代入
          var d = 2;
          // 変数の内容を表示
          document.write(d); 
          //2と表示される
          
          

これはvarといったボックスを作り名前をdとしています。dの箱の中に2という値をいれます。そして 最後にdで入れた値を表示してねと命令しているのです。よってこのコードを書くと2が表示されます。

オブジェクトってなに?

オブジェクトとはデータと機能をまとめたものです。例えばDateオブジェクトといったものが有るのですが これを使えば日時データを設定したりする事が出来ます。オブジェクトの種類をあげると
Objectオブジェクト・・・オブジェクトに関する機能
Arrayオブジェクト・・・配列に関する機能
Booleanオブジェクト・・・真偽に関する機能
Errorオブジェクト・・・エラーに関する機能
Eventオブジェクト・・・イベントに関する機能
Dateオブジェクト・・・日付けに関する機能
Functionオブジェクト・・・関数に関する機能
Mathオブジェクト・・・数学に関する機能
Numberオブジェクト・・・数値に関する機能
RegExpオブジェクト・・・正規表現に関する機能
Stringオブジェクト・・・文字列に関する機能
これらのオブジェクトを利用すると様々な事が出来ます

最後に

プログラミングって難しいですよね。基本を覚えれば応用がつき様々な事が出来ると思います。 今回はこの辺りにしておいて次回からは実際に何かを作ると想定して記載出来ればと思っています。

お勧めのプログラミングスクール

お勧めのプログラミングスクールはテックアカデミーです。まずオンラインスクールなので他の 学校に比べ費用が安い。4週間コースであれば、
社会人コース・・・109,000円
学生コース・・・59,000円
●8週間コースであれば
社会人コース・・・159,000円
学生コース・・・89,000円
といった価格でお手頃に学ぶ事ができます。他にもテックアカデミーは

  • 受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

といったようにサポートも充実している為おすすめです。

テックアカデミー公式サイトを見てみる

(テックアカデミー公式サイトにある説明動画を見る事でよりイメージがつかめると思います。)

ページの先頭へ